FC2ブログ
うらこ。。。さんのランキング集計結果

記事一覧

三本足のぷり吉

2016年の3月初旬
仕事を終えていつもと、違う道を歩いて帰宅していたところ三本足でピョコピョコ歩いている猫を発見。ぷり吉でした。
ぷり吉との出会いが後に本格的な個人保護活動へと繋がっていくのです。
「雪がとけたら感染症を罹患して死んでしまうんではないか」
そんな危機を抱き、それから一週間張り込みをしてぷり吉の姿を再度確認。
ネットで初めて購入したのはなんと捕獲器。
聞き込みで餌やりを特定。
捕獲器の設置を交渉。
餌やりさんの家は多飼育崩壊寸前だったため
家猫の避妊手術、外猫のTNR
ニャン友ねっとわーくの代表さんに相談し一緒に現場にいって交渉もしてもらいました。
3/28捕獲器で保護


当時の写真です
足は車に引かれたのか潰れていました。断脚はせず。そのまま。
生粋の野良猫だったためなかなかなつくまでに時間がかかりました。
現在は抱っこ、爪切り、耳掃除など一通りのことはネットなしででき、
おなかがすくと一番に泣いてよんできます。
首の回りを撫でられるのも好きです



一緒の現場からおまけで保護された監督と
とても仲良しです。
実は前々回からぷりのことを気にかけてくれている方がいました。
家族に相談してどうするかというところまで
話は進みましたが結果はなかったことに。
とても残念がっていましたが
家族が「猫エイズ」であることに猛反対されたようです。
初めからハンデのある猫はだめだと。
私自身はキャリアについて全く気にしないのですがハンディキャップといえばハンディキャップでしょうか。
うーん。
どう考えてもハンディキャップか。。。
ただ、家族として迎えいれた猫に長生きしてもらいたい!という気持ちにも共感できます。

とてもよい方だったので今後の譲渡会へのご案内もさせていただいてます。
ご家族皆さんが望まれて
お迎えされるのが一番。
それにぷり吉を家族に迎えたい!と
思ってくれたその気持ちにとても感謝しています。お気持ちをよせていただいてありがとうございました。
譲渡会はまだまだあります。
猫も人間も頑張ってご縁を探していきます

明日の譲渡会のご案内です。
もちろん!ぷり吉も参加します!
是非遊びにいらしてください。
お待ちしております。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント